知っていましたか⁉ 大きな損害がなくても保険金が受け取れる
「我が家に損害はない!」と思い込んでいませんか?あなたのご自宅も、きっと保険金を受け取れます!

などなど、実際にお見舞金を受け取ることができています! 受け取られた保険金はお見舞金なので、住宅の修復につかわなくてもok!保険金を受け取られた後も保険料は上がりません。請求期限は被災時から3年なので、過去の地震でも請求可能!

  • 信頼の実績

    これまでの取り扱い件数は約6000件!(弊社グループ会社全体における取扱件数)請求成功率は95%!圧倒的な実績と豊富な経験に裏付けされた建物調査と保険金請求コンサルティングをあなたもぜひ、まずは無料でお試しください。

  • 的確な診断

    ごく小さなヒビや建物内部のダメージなど、一般的には気づきにくい損害をしっかりチェックします。また、建物の損害には地震によるもの以外にも、経年劣化等によるものもあるので、正しい判断が必要です。

  • 丁寧なアドバイス

    損害保険会社の鑑定時の注意点や保険請求の仕方などをしっかりとアドバイスしますので不備なくお見舞金が受け取れます。また必要に応じて損害保険会社の鑑定基準のご説明もいたします。

  • 実質負担ナシ

    「建物損害調査」に係る費用は全て無料で行いますので、お見舞金のお受取りができなかった場合はお客様の負担は一切ありません。 お見舞金を受け取られた場合のみ、一定のパーセンテージによる成功報酬をコンサルティング代金としてお支払いいただきます。

調査部責任者 野口光春 前職のコンサル会社勤務時代の2005年の耐震偽装問題事件に関連した不動産業者と取引をしたり経緯より建物に関する知識とスキルを学んでまいりました。今まで、1000件を超える建物調査と地震保険の請求に携わってきた経験から培われたノウハウに絶対的な自信を持っています。ご依頼いただいたお客様の最大限の利益を引出すためのベストの対応をお約束します。 調査部責任者 野口光春 前職のコンサル会社勤務時代の2005年の耐震偽装問題事件に関連した不動産業者と取引をしたり経緯より建物に関する知識とスキルを学んでまいりました。今まで、1000件を超える建物調査と地震保険の請求に携わってきた経験から培われたノウハウに絶対的な自信を持っています。ご依頼いただいたお客様の最大限の利益を引出すためのベストの対応をお約束します。 調査担当 白石麗花 不動産業者としてざ数多くの建物診断や設計に携わってきました。一般の方々ではお気づきにならない建物の被害状況と、保険金請求が可能であることへの気づきを、私たちが懇切丁寧にお伝えいたします。少しでも多くの皆様と、触れ合いを通じて喜びを分かち合いたい。安心して私たちにお任せください。 調査担当 白石麗花 不動産業者としてざ数多くの建物診断や設計に携わってきました。一般の方々ではお気づきにならない建物の被害状況と、保険金請求が可能であることへの気づきを、私たちが懇切丁寧にお伝えいたします。少しでも多くの皆様と、触れ合いを通じて喜びを分かち合いたい。安心して私たちにお任せください。 調査・保険会社折衝担当 片町光晴 お客様のご自宅を訪問し、みなさまがお気づきにならない地震による建物の損害を発見し保険会社への申請をお手伝いします。私たちは長年の経験と豊富な実績から、保険金請求ができる損傷と、できない損傷を見分けることができます。対象となる地震以外による損傷では保険金請求はできませんが、一方、保険金請求対象の地震による損傷は、必ず保険会社に認定をさせなければなりません。それが正当なお客様の利益につながります。私が責任をもって保険会社と折衝いたします。安心してお任せください。 調査・保険会社折衝担当 片町光晴 お客様のご自宅を訪問し、みなさまがお気づきにならない地震による建物の損害を発見し保険会社への申請をお手伝いします。私たちは長年の経験と豊富な実績から、保険金請求ができる損傷と、できない損傷を見分けることができます。対象となる地震以外による損傷では保険金請求はできませんが、一方、保険金請求対象の地震による損傷は、必ず保険会社に認定をさせなければなりません。それが正当なお客様の利益につながります。私が責任をもって保険会社と折衝いたします。安心してお任せください。
調査部責任者 野口光春 前職のコンサル会社勤務時代の2005年の耐震偽装問題事件に関連した不動産業者と取引をしたり経緯より建物に関する知識とスキルを学んでまいりました。今まで、1000件を超える建物調査と地震保険の請求に携わってきた経験から培われたノウハウに絶対的な自信を持っています。ご依頼いただいたお客様の最大限の利益を引出すためのベストの対応をお約束します。 調査担当 白石麗花 不動産業者としてざ数多くの建物診断や設計に携わってきました。一般の方々ではお気づきにならない建物の被害状況と、保険金請求が可能であることへの気づきを、私たちが懇切丁寧にお伝えいたします。少しでも多くの皆様と、触れ合いを通じて喜びを分かち合いたい。安心して私たちにお任せください。 調査・保険会社折衝担当 片町光晴 お客様のご自宅を訪問し、みなさまがお気づきにならない地震による建物の損害を発見し保険会社への申請をお手伝いします。私たちは長年の経験と豊富な実績から、保険金請求ができる損傷と、できない損傷を見分けることができます。対象となる地震以外による損傷では保険金請求はできませんが、一方、保険金請求対象の地震による損傷は、必ず保険会社に認定をさせなければなりません。それが正当なお客様の利益につながります。私が責任をもって保険会社と折衝いたします。安心してお任せください。 建物と保険金請求の専門家である私たちが全力でサポートします!

保険金の請求と聞くと手続きが大変というイメージを持たれるかもしれませんが、当社スタッフが丁寧にサポートしますので安心して進められます。

  • 保険金受け取り金額350万円の事例(半損)
  • 東日本大震災後に地震保険加入して地震保険のお見舞金がもらえた事例(一部損)
  • 半信半疑でコンサルを受けましたがお見舞金を受け取れた事例(一部損)

  • 住宅 マンション アパート お寺 介護施設 病院 などが対象になります。
  • 損害保険会社の地震保険に加入しているかご確認ください。(ただし、一部の共済は対象外)過去に地震保険に加入していて、現在は加入していない場合も保険金請求の対象となる場合もあります。

保険金詐欺のような類のものではないのですか? 保険金詐欺ではありません。地震保険んは国と保険会社が加入者の生活を守るために創設した制度です。当然に加入者の方が罹災した場合は保険金を請求する権利があります。しかしながらその請求できる状況か否かを判断することは容易ではなく、本体請求できるものがなされていないという状態が大変多いわけです。建物に被害状況が確認できない場合もまれにあり、その場合は保険金のお受け取りはできません。 保険金詐欺のような類のものではないのですか? 保険金詐欺ではありません。地震保険んは国と保険会社が加入者の生活を守るために創設した制度です。当然に加入者の方が罹災した場合は保険金を請求する権利があります。しかしながらその請求できる状況か否かを判断することは容易ではなく、本体請求できるものがなされていないという状態が大変多いわけです。建物に被害状況が確認できない場合もまれにあり、その場合は保険金のお受け取りはできません。
保険金を受け取れる可能性はどの程度なのでしょうか? 当社の現在までの実績では、請求件数100件に対し95件程度の割合で保険金のお受け取りができています。ただし、保険加入の時期、カウンセリングや調査の結果、ご請求を断念したケースは含まれておりません。 保険金を受け取れる可能性はどの程度なのでしょうか? 当社の現在までの実績では、請求件数100件に対し95件程度の割合で保険金のお受け取りができています。ただし、保険加入の時期、カウンセリングや調査の結果、ご請求を断念したケースは含まれておりません。
どのくらいの額の保険金が受け取れますか? 木造住宅の場合、一部損の判定で40~50万円程度が目安です。一部損害状況が激しい場合は、半損の判定で400~500万円程度の保険金となるケースもあります。 どのくらいの額の保険金が受け取れますか? 木造住宅の場合、一部損の判定で40~50万円程度が目安です。一部損害状況が激しい場合は、半損の判定で400~500万円程度の保険金となるケースもあります。
保険金の請求を行った結果、翌年以降の保険料が高くなったり、保険に加入できなくなったりしませんか? 保険金の請求やお受け取りが、翌年以降の保険加入の可否や保険料の高騰に影響することはありません。 保険金の請求を行った結果、翌年以降の保険料が高くなったり、保険に加入できなくなったりしませんか? 保険金の請求やお受け取りが、翌年以降の保険加入の可否や保険料の高騰に影響することはありません。
コンサルテイングを受けずに自分で保険会社へ請求はできないのですか? もちろん、ご自身で保険金の請求も可能です。但し、専門家の調査を経なければ、発見できない被害の見落としや、逆に地震による被害以外の損傷(平年劣化など)を申告してしまうような過剰申告の恐れがあります。 また損害保険会社へ適切な損傷の申告がなされない場合、適正な被害認定がなされにくいというデメリットがあり、保険会社とトラブルになったり、受け取れるべき保険金が受け取れないというリスクを生む恐れがあります。適切な保険金請求と適切な保険金のお受け取りのために、コンサルテイングをお受けすることをお勧めいたします。 コンサルテイングを受けずに自分で保険会社へ請求はできないのですか? もちろん、ご自身で保険金の請求も可能です。但し、専門家の調査を経なければ、発見できない被害の見落としや、逆に地震による被害以外の損傷(平年劣化など)を申告してしまうような過剰申告の恐れがあります。 また損害保険会社へ適切な損傷の申告がなされない場合、適正な被害認定がなされにくいというデメリットがあり、保険会社とトラブルになったり、受け取れるべき保険金が受け取れないというリスクを生む恐れがあります。適切な保険金請求と適切な保険金のお受け取りのために、コンサルテイングをお受けすることをお勧めいたします。
保険契約者である夫が多忙で対応できません。妻である私が代わりに手続きできますか? はい、二親等以内の親族の方ならお手続き可能です。 保険契約者である夫が多忙で対応できません。妻である私が代わりに手続きできますか? はい、二親等以内の親族の方ならお手続き可能です。
保険金の受け取りにより住宅のリフォーム等のセールスを行うのではないですか? 当社はリフォーム業のセールスとして保険請求コンサルテイングを行っている業者ではありません。一部のリフォーム業者が保険金請求と抱き合わせでセールスを行っているケースがあるようですが、当社はそれらの類ではありません。安心してご依頼ください。保険金を当てにしてリフォームをセールスするリフォーム業者の中には、保険金を大幅に上回る高額なリフォーム代金を後になって請求する悪徳業者もあると聞いています。充分にご注意ください。 保険金の受け取りにより住宅のリフォーム等のセールスを行うのではないですか? 当社はリフォーム業のセールスとして保険請求コンサルテイングを行っている業者ではありません。一部のリフォーム業者が保険金請求と抱き合わせでセールスを行っているケースがあるようですが、当社はそれらの類ではありません。安心してご依頼ください。保険金を当てにしてリフォームをセールスするリフォーム業者の中には、保険金を大幅に上回る高額なリフォーム代金を後になって請求する悪徳業者もあると聞いています。充分にご注意ください。
過去に地震保険に加入していましたが現在は加入していません。請求は可能ですか? 現在保険に加入していなくても、保険金の請求ができる場合があります。当社のデータベースにより、ご加入時期におけるお客様の不動産の所在地での請求対象地震の有無をお調べいたします。お気軽にご相談ください。
						過去に地震保険に加入していましたが現在は加入していません。請求は可能ですか? 現在保険に加入していなくても、保険金の請求ができる場合があります。当社のデータベースにより、ご加入時期におけるお客様の不動産の所在地での請求対象地震の有無をお調べいたします。お気軽にご相談ください。

無料診断お申し込みフォーム

お名前
メールアドレス
電話番号
保険会社
保険加入期間
対象建物の所在地
建物構造